2007年10月26日

英語の勉強方法 〜その2〜

全く勉強などしてこなかった僕でしたので、宅浪の最初の頃はあまりに過酷でした。両親は仕事に、弟は学校に行ってしまい、外からは「竿だけ〜」とかごみ収集車の音楽などが聞こえてきます。最初に4月1日から受験の日まで1日も欠かさず7時間以上は勉強すると決めましたので、それが身に付こうが、付くまいが、とにかくやらないと絶対にやめてしまうことがわかっていましたので、全く集中出来ないまま前回でも書いた、ただ英語を書き続けるという勉強方法を実践していきました。

とりあえず、4月は軽いノイローゼ状態のようになりました。しかし、やらなければ終わると思い、毎日コピー用紙に英語を写し続けました。「英語の構文150」の最初の構文はたしか

It is a lot of snow last year.
去年は雪が大変多かった。

だったと思います。主語が大きくなると不細工なのでItを前に持ってくる仮主語の構文です。懐かしい思いがよみがえってきます。この何も考えずに、ただ写すという勉強方法を夏くらいまで続けました。1日7時間以上、だいたい10時間くらいはやっていましたが、ずっと英語ばかりです。宅浪は極端ですね。英単語や英熟語も書き続けました。熟語を覚える為に、辞書に書いてある英熟語の例文も覚えるまで写し続けました。そして、それだけを続けて夏を迎えました。
ラベル:英語 勉強 英会話
posted by mami at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。